乾燥肌でも顔にはファンデーションを

この記事は2分で読めます

顔がかさかさする乾燥肌の場合、ファンデーションを使用すると浮き立つような感じがしますし、刺激にもなるので使用をためらうケースもよくありますが、使用することで紫外線から肌をガードしてくれますし、その他のホコリや花粉などの有害成分からも肌を守ってくれる働きがあります。

さらには保湿成分が肌から逃げることを防ぐ役割もあるため、乾燥肌だからこそ、肌質に合ったファンデーションをしっかり使用する必要があります。

そこで乾燥肌に最適なファンデーションの使用方法としては、まずは最初にメイク前の状態でスキンケアを実施し、保湿をしてから化粧下地などを使用するようにしましょう。そして使用するファンデーションは、自分の肌のカラーに合った物を選び、かつ保湿力が高めのものがお勧めです。

そこで注目したいのが種類についてで、パウダーやリキッド、クリームといったさまざまな種類が存在しますが、必ずしもこの種類でなくてはいけないといったことはなく、やはり自分が使いやすくて肌に合っているものならば、基本的にどの種類を選んでも問題ありません。

ただ一般的には刺激が少ないためにパウダータイプがお勧めだとされており、パウダータイプの場合は固形物なので、肌に浸透することなく上に乗せるといった感じであり、アレルギーなども起きにくいといったメリットもあります。

もっとも粉をふいてしまうような乾燥に悩んでいる場合は、パウダータイプだと余計に肌の乾燥が目立ってしまう場合もあるので、そういった場合にはカバー力の強いリキッドやクリームといったタイプを使用した方が良いでしょう。

ちなみにばっちり化粧をしたい時には化粧下地の上にリキッドもしくはクリームタイプを使用し、その上からさらにパウダータイプを使用するといった方法もありますし、もっとナチュラルなメイクにしたい場合は、化粧下地もしくは日焼け止めクリームを使用し、その上にパウダータイプを軽めに使用するだけといった方法もお勧めです。

またファンデーションを選ぶ際、種類だけでなくテクスチャなどで選ぶといった方法もありますが、これについてはあくまで使用感なので、肌が乾燥しているからこれが良いといったものはなく、自分の好みや目的で選んで問題ありません。

ただし水性か油性かといった違いでは、油性の方が保湿力が高いので乾燥肌にはお勧めです。そして配合成分についても重要で、ヒアルロン酸やセラミドといった保湿成分が含まれいてることはもちろんですが、界面活性剤などの余計な添加物が少ないことも、肌への負担を減らすといった意味でも重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。